G-SOLDIER ADVANCE  当サイトのガンプラ講座(トレーニング)です、ガンプラを作る上での「有毒物の認識編」を紹介しています。マスクやゴーグル、塗装ブース等を紹介。
LESSON 8

LESSON 8 「人体に悪影響である(有毒物の認識編)」













人体に悪影響である(有毒物の認識編)


量子演算コンピューター「Neal」です。
ここでは初級編として、「人体に悪影響をである(有毒物の認識編)」をシミュレーション・トレーニングします。
既に
摸擬戦のエースの称号を得ている(Lesson6・7)をクリアした方の講座となります。
このLesson8で、今後の戦いに備えた基礎知識を培(つちか)っていきます。

初級編では基礎知識が主なトレーニングとなります、来るべき実戦の前に備えておきましょう。

ここでは、
人体に悪影響を与える「有毒物の認識」について学んでいきます。
それでは始めていきましょう。








人間が作り出す物は、人体に害である




普段何気なくガンプラを作っているあなた。
今もこれからもガンプラを作ろうとするのであれば、まずこのトレーニングの内容を知っておくと良いでしょう。

今後のトレー二ングの何より先に知っておく必要があります。

その内容とは、
今後のガンプラ作り(プラモデル等)は人体に悪影響を与える、ということ。
基本的に素組み(ただ組み立てるだけ)であれば、ほとんど影響はないものですが、
今後は接着剤や塗装、改造にパテ、様々な工作が待っている。
高度な作業になればなるほど、その人体に与える影響は大きくなる。

よって、今回はまず「有毒物の認識」をしていただきたいという内容となります。








有機溶剤のほとんどが有毒である



有機溶剤とは、液体や固体などの溶質を溶かす有機物等(液体など)を言います。
(*主にアセトン、アルコール、ヘキサン、石油類などが有名。)
その有機溶剤と呼ばれるもののほとんどが人体に悪影響を与えると言われています。


身近なアルコール(お酒など)で考えていきましょうか。
アルコールには揮発性があります(空気中に漂う・気が抜けるなど)。
”酒臭い”などでイメージしていただければ良いでしょう。
アルコールを摂取することで、人体にはどのような影響があるでしょうか?


そうです、「急性アルコール中毒」・「肝臓がん」・「アルコール依存症」など、
よく肝臓(肝機能=アルコールを分解する部位)にダメージを与える、というのはご存じでしょう。
最初は臓器が侵されていきますが、続けて摂取することでその後に脳や神経を害していきます。
アルコール依存症は”手が震える””イライラする”などの症状がありますが、
これは脳や神経に悪影響を与えている深刻な症状と言われています。

さらに、アルコールを分解する能力は、その人のDNA(遺伝子)で最初からほぼ決まっているため、
いくら慣れようが、練習をしようがアルコールを分解する能力が強くなることはありません。

よくお酒に強くなった!
という方がいらっしゃいますが、それは飲み方や味覚にただ慣れただけなのです。
その人のアルコールを分解する能力が高くなったわけではありません。





お酒を飲んで”顔や体が赤くなる”






もしそうであれば、あなたはもともとアルコールには強くないということ。
赤くなるのは身体中が悲鳴を上げている証拠。
アルコールを分解する能力が低いのです。
その能力はDNA(遺伝子)でほぼ最初から決まっています。
お酒(アルコール)に強くなって、顔や体が赤くならなくなりましたか?
知りもしないでそのまま飲み続けると、人体に甚大な影響を与えてしまいます。








人間の体は消耗品です。

一度壊れてしまったもの(臓器)は、二度と同じ状態には戻らない、”それで終わり”。
自らの体の管理(メンテナンス)を常に怠らないように、との警告です。
自分の体は自分で守りましょう。
これから学ぶ有機溶剤(有毒性)についても同じことが言えます。







まとめ

@有機溶剤(アセトン・ヘキサン・アルコール・石油類など)は、人体に悪影響を与えるものであると認識すること。
Aその悪影響の度合い(進行)は、当然ながら個人によって違うこと(遺伝子・ぜんそく・持病のある方は特に注意)。
Bまずは臓器が侵される、その後には脳や神経が害される、その後に待つのは当然ながら”死”である。
C人間の体は消耗品であるということ。出来る限り消耗の進行を抑え、自らの体は自らで守るということ。





この4つをなんとなくでも構いません、覚えておいて下さい。
それでは詳しく見ていきましょう。









GN粒子(有機溶剤)は人体に悪影響!



さて、先の内容はちょっとした教訓(説教)のようになってしまいましたが、
あれくらいでちょうど良いでしょう(笑)

若くして健康を害する必要はありません。
また、大好きな趣味で健康を害する必要もありません。

やれることをしっかりやっていきましょう。

自分の体調管理(メンテナンス)は自分で行いましょう。
少しでも長く戦い(ガンプラ製作)続けていけるように!
それではマスターしていきましょう。














↑こちらにヤスリがあります、有害です。
ガンプラを削ったり、加工したり・・・その際に飛び散る粉(粒子=削る物にもよりますが)は、有害です。
その粒子は細かく、ゆっくりと上に登っていき、あなたの口や鼻や目に侵入します。
*光を当ててみて下さい、おもしろいぐらいゆっくりと舞ってくれますよ(笑)

しっかりとマスクを装着し、換気をしましょう。







↑こちらにペン(油性)があります、有害です。
とりあえずで舐めたりしないように(笑)
例えペンタイプであっても長時間行うのであれば、マスクを装着し換気をしましょう。

ところで、醤油をご存じでしょうか?
醤油ですら、大量に摂取すると人間は死んでしまいます。










↑こちらに”水溶性”のマークセッターがあります、有害です。
裏面を見てみると、”水溶性有機溶剤”ときちんと表記されています。
有機溶剤と記載がある・・・そうです、人体になんらかの害はある、と認識して良いでしょう。
人類はなるべく有害でないものを作ろうとし、現在水を主成分としたもの、水に溶けるもの等を多く開発しています。
しかし、やはり水だけでどうこうできるわけではありません。
あくまで環境に配慮し・有害というほど有害ではないように近付けている(企業努力している)ということ。
水性、水溶性とあるから有害でないというわけではないのです。

裏面を読んでみると、
換気をすること、引火性なので注意、有機溶剤中毒の恐れ有りなどがしっかり記載されています。
むしろここまで記載されているのは非常に好印象。
使う側が理解していない、というのは残念すぎると思いませんか?
まずはしっかりと中身(記載されている内容)の確認をしてみましょう。

しっかりとマスクを装着し、換気をしましょう。









↑よくある塗料「Mrカラー」ですね、有害です。
例え水性であろうとラッカー系であろうと、
ちゃんと裏面にはどちらも”警告”とあり、有機溶剤・有毒であることが記載されています。
*塗料のメーカーによってはこれらが記載されていないこともあります。

しっかりマスクを装着し、部屋の換気をしましょう。










↑こちらにスプレー缶があります、これらの塗料も有害です。
特にスプレータイプのものは粒子が細かくそして強力無比なので、口や鼻、目に簡単に侵入するため危険です。
また強力なものほど、臭気が強い傾向にあります。

要するに”匂います。”

これはすごい匂いだな・・・と思ったら、だいたい強力(有害)なものです。

さらにスプレータイプのものは勢いが強いため、対象物に当たって粒子が吹き返ってきます。
この時に口や目に侵入するので、必ずゴーグル(目の保護)とマスクを装着し、できるだけ野外で行って下さい。

野外でもかなり匂いますので、周り(隣家など、周辺地域)への配慮を忘れずに。
正しい使い方を覚えていきましょう。













↑タミヤセメントと瞬間接着剤です、こちらも有害です。
一般的に接着剤と呼ばれ、主成分がだいたいアセトン・ヘキサンなど有機溶剤の代表格です。
揮発しやすく長時間作業していると頭や目、喉に異変を感じることがあります。
もちろん危険ですので、必ずマスクを着用し、部屋の換気を行って下さい。
またビンの蓋などは素早く閉めて、揮発するのを防ぎましょう。











↑うすめ液やツールクリーナー(溶剤洗浄液)です、もちろん有害です。
そもそも有機溶剤(有毒)である塗料を希釈したり、塗料を剥がしたりするため、極めて強力な液体です。
とくにツールクリーナー(洗浄用の液)などは金属をも浸食してしまうくらい強力です。
これらは口や目に入るだけでなく、吸引したり皮膚に付着することでも害となります。
使用する際には必ずゴーグルや手袋、マスクを装着し、部屋の換気を絶対に行ってください。







以上、簡単に紹介致しましたが、
今後使用していく、また現在使用しているツール(道具)がいかに危険か、
ほとんど有毒性(有害)であることがお分かりいただけたのではないでしょうか?
水性だから・・・とか、ちょっと匂うけど早く作業したいから・・・とか、
本当にそれで良いのですか?

全てはあなたの判断しだいです。






何度も申し上げますが、





人間の体は消耗品です。





気付いたときには遅いのです。





また、あなたの身勝手な行為が家族をペットをそして自らをも傷つけていることを忘れないでください。








GN粒子(有機溶剤)から身を守れ!





さて、もう十分危険なことはご理解いただけたかと思います。
それではこれからどうすればよいのか、その対策をシミュレーション・トレーニングしていきましょう。







まずは誰でも簡単に行うことができる予防方法が、部屋の
「換気」です。
換気というと窓を開けることになりますが、正しい換気の仕方をご存じでしょうか?

換気とは一つの窓を開けていても、ほとんど効果は薄いのです。
最近の住宅・マンション等は特に気密性が高いため、中途半端な換気ではあまり効果がありません。
換気をするのであれば、

空気の通り道を作ってあげる必要があります。

部屋であれば対角線上(要するに反対側)の窓も、もう一つ開けてあげましょう。
そうすることで、”空気が部屋の外から入り→部屋の中から外へ→流れるようになります。”


要は部屋の窓を二つ開けてあげれば良いのです。


誰でも簡単に行うことが可能です。
また窓が一つしかない場合は、部屋のドアを開けることでも空気の通り道を作りだすことが可能です。
換気扇を回すのも良いでしょう。










↑そしてもっともお世話になり必須とも言える口から有毒物の吸引を防ぐ
「マスク」ですね。
よく街中で見かける”通常の風邪をひいたときにする白いマスク”ではなく、

轡型(くつわがた)のしっかりと”鼻と口を隙間なく密閉するマスク”となります。

アイボリー(若干黄色)の部分がフィルター(交換可能)になっており、ある程度の防臭・防塵効果があります。
*このタイプのマスクを装着していても塗料などの匂いは多少します。
フィルターは交換が可能なタイプなので、フィルターのみ交換すれば何度でも使用することが可能です。
このタイプのマスクはどうしても口や鼻を締め付けてしまうため、一定時間ごとに休憩を入れて下さい。
また安価な商品ですと、口や鼻に当たる部分が痛くて継続使用が困難な場合があります。
なるべく口などに当たる部分はゴム製であったり、息苦しくないか、
自分に合った商品を探してみましょう。(画像のものはゴム製で出来ています。)




   

ガンプラなどのプラモデルの製作に使用するのであれば、これくらいのマスクで十分です。

逆に、通常の白いマスクで製作している方は、あまり有毒物を防ぐ効果はありません。
少しでも隙間があると、細かい粒子であれば呼吸によって侵入してきます。
また隙間があるということは防臭効果も少ないため、揮発性の有毒物を防ぐ効果も薄いことでしょう。

*Amazon店なら送料無料です。









ぜんそくや持病のある方、特に健康に配慮したい方などには
「もっと効果の大きなマスク」でも良いです。
高度なレベルの有毒物を防いでくれる
防塵・防毒用のマスクです。
実は値段はそこまで高くはありません、これらもフィルターを交換できるため割と経済的に使用できます。
特に、メーカーの重松は日本人向けのフィット感が、3Mは高い性能とコストが安いのが特徴です。

*Amazon店なら送料無料です。









↑続いては目の保護
「ゴーグル」です。
実はウィルスや有毒なものは”目から侵入することが多い”とご存じでしょうか?
専門家の方であれば、「マスクなんかしても気休め程度で・・・」とおっしゃる方もいるくらい。
特に有機溶剤は目に直接付着しなくても、揮発しているため目にもダメージを与えてしまいます。
途中で目が痛くなったりする場合は、有機溶剤にやられている証拠です。



 

ゴーグルを選ぶ際には、視認性が良いもの、曇り止めの効果が施されているもの、
またメガネを普段している人は、メガネの上から装着できるようなものを選びましょう。

目から侵入することを意外と知らない人も多いので、目の保護もしっかりと行いましょう。

*Amazon店なら送料無料です。













↑こちらはビニールの
「手袋」です。
有機溶剤、特にビン入り等の液体を触る際には、手袋をしましょう。
主に塗装をするときに必須となります。
作業性を考えても、ぶかぶかしたものより、画像のようにぴたっとフィットするタイプのものが良いでしょう。
有毒物(特に液体)は皮膚からも侵入してきます、長時間であれば尚のことです。
ホームセンターや百均でも売っています、パウダーフリーのもの(粉のつかないもの)がおすすめ。
ビニールタイプとラテックス(ゴム)タイプがあるので、ラテックス(ゴム)アレルギーの方はビニールタイプにしましょう。
私は長時間使用するとラテックス(ゴム)タイプだと手が荒れます・・・orz



   

手袋なんていらない、手が荒れる程度、の認識だと痛い目に遭いますよ?
手に付着した有毒物で目を触ったり、鼻や口に持っていけばどうなるか・・・。
もうお分かりですね。

*Amazon店なら送料無料です。








以上の「換気」、「マスク」、「ゴーグル」、「手袋」は有毒物から身を守る必須のツール(方法)です。
今からすぐにでも必ず用意して下さい。

















*今の段階では特に必要ありません。








↑こちらは「塗装ブース」、主にエアブラシ等で塗装する際に使う道具となります。
実は有機溶剤対策として一番効果が期待できるのが「塗装ブース」だったりします。
塗装ブースは基本的にはエアブラシで塗料を吹き付ける際に使用するものですが、
塗料(粒子)と臭気を窓から屋外へ排出するための換気扇の役割もしてくれます。

そのため換気と臭気と粒子を排出してくれるため、もっとも活躍してくれる道具(ツール)となります。

屋内での作業(有毒性も)が大幅に軽減されるので、

■将来的にエアブラシを使いたい
■塗料や接着剤をよく使う
■パテや改造などの高度な作業もしたい

という方であれば、一つ購入しておいても良いかと思います。

ただし、窓から屋外へ排出するわけですから隣家に向ければ隣家へ匂い(風で臭気)が行きます。
またファンが回るため音がうるさいのも特徴です。
深夜に作業をする・毎日毎日稼働させる・などはもってのほか、迷惑極まりないので止めて下さい。
そして塗装ブースがあればマスクやゴーグルをしなくて良いわけではありません。
必ずマスクやゴーグルを装着することには変わりはありません、万能のツールだとは思わないこと。


これらの配慮が出来る方にこそ持っている価値があります。

*高額な商品なので、特に今の段階で購入する必要はありません。
エアブラシも今の段階では不要です(*むしろ、使いこなせません)。













あくまで有機溶剤への対策の一つとして紹介しているだけです。
それでも「塗装ブース」が一つ欲しいということでしたら、
以下の二つ(定番のもの)から選択すると良いでしょう。



■クレオスの「Mrスーパーブース」




↑クレオスの「Mrスーパーブース」と「交換用フィルター」です。
特徴は広くてオープンな作業空間、しっかりとした吸引力、フィルターの交換が可能なためメンテナンスが非常に楽。
逆に、デメリットは音が少しうるさい、フィルターが丸見えで折りたたむことができず部屋の外観を汚してしまうこと。
塗装ブースとしては定番中の定番なので、多くのモデラー(エース)も使用しています。

*Amazon店なら送料無料です。







■タミヤの「ペインティングブースU(シングル or ツイン)」


  

↑タミヤの「ペインティングブースU(シングル or ツイン)」と「交換用フィルター」です。
特徴はボックス型の黒いデザイン、折りたたむことでコンパクトに収納できる、交換用フィルターがある、ファンの個数を選べる。
逆に、デメリットとしては作業スペースが暗く少し狭い、旧型よりも大きくなったため机上でのスペースが必要。
塗装ブースとしてはクレオスと人気を二分する定番中の定番、多くのモデラー(エース)が使用しています。

*シングルとツインの違いはファンの個数、
シングルはファンが1つのため吸引力が若干弱い、そのため音が比較的静か。
ツインはファンが2つになることで吸引力がUPするが、当然ながらTよりも音がうるさくなる。ファンを1つで使用することもできる。

*Amazon店なら送料無料です。




どちらも一長一短、塗装ブースの性能は優秀なので、どちらを購入しても問題はないと思います。
好みの問題ですね(笑)






■Mrスーパーブース用「排気口アタッチメント」




↑Mrスーパーブース用の「排気口のアタッチメント」です。
排気口が細長い形になることで、少し窓を開けるだけで使用できるようになります。
実はMrスーパーブース用となっていますが、口径はほとんど同じなので、タミヤのペインティングブースにも使用可能。
どちらを購入しても、必ず購入しておきたい排気口アタッチメントです。

*Amazon店なら送料無料です。










↑ちなみに、私が使用しているのはタミヤの「ペインティングブースT(旧型)」です。
そろそろ新型に替えたいと思っているのですが、なかなか壊れないのでなんとも(笑)
単純な構造なので塗装ブースはメンテナンス(掃除)さえしていればそう簡単に壊れることはありません。
タミヤを選んだのは上の画像のようにコンパクトに折りたたむことが出来、部屋の外観を汚さないため。
ただ、それだけです(笑)

自分にあった商品を選びましょう。








*何度も申し上げますが、今の段階で「塗装ブース」は必ずしも必要ありません。

これを買ったからエアブラシが使えてすぐに綺麗な塗装ができるなどとは思わないで下さい。

エアブラシを使うには塗装ブースの他に、
コンプレッサー(15000円前後)やジョイント・ホース類(数千円)、ピース(ブラシ=10000円前後)、気圧計(数千円)、
など非常にお金がかかります、それより何より工作の高い技術が必要。
*今のあなたでは使いこなせるものではありません。


初心者の方に、「エアブラシは買った方がいいですよね?」とよく聞かれますが、
その度に私はいつも同じように答えます、「筆塗りやある程度の工作が出来るようになってからで良いと思います」と。

特に若い学生さんには、エアブラシを持たせたくないと思っています。
若くして有機溶剤漬けになって欲しくないのと、環境(家族等)・周辺地域への配慮が欠けてしまうのでは?と思うからです。




エアブラシは当サイトのトレーニングを継続し、”来るべき時”に購入されることをオススメ致します。
まだやるべきことがたくさんあります、それからでも遅くはありません。















さて、「有毒物の認識編」はここまでです。
より深い知識が身に付いたのではないでしょうか。
身近に潜む危険性をまず理解することが今後の第一歩となります。
今後も基礎知識を増やして、ガンプラ製作をマスターしていきましょう。
さらなるトレーニングはまたの機会に致しましょう。


ご感想などありましたら「G-SOLDIER ADVANCE」のBBSやアンケートなどに書き込んでやって下さい。
量子演算コンピュータ 「Neal」が喜びます(笑)

このトレーニングはガンプラを作る最初の最初になってくれればと思っております。
最近では多くの方がこのトレーニングをご覧になっているようで、よくコメントなどいただきます。
当サイトのトレーニングがあなたのガンプラ製作のなんらかの”きっかけ”になっていただければ本望です。





<LESSON 8 人体に悪影響である 「有毒物の認識編」クリア!>

*おめでとうございます、この時点であなたは自分の身を危険から回避する能力を得ました。
あなたに
”国境なき医師団 ジョイス・モレノ”の称号を与えます!「量子演算コンピュータ Neal」








「LESSON 8」をクリアしたら、次の「LESSON 9」へ進みましょう。

*当サイト上の文章・画像・デザイン(レイアウト)等の引用や不正使用はご遠慮願います。


[TRAININGへ戻る] ページTOPへ