G-SOLDIER ADVANCE  当サイトのガンプラ講座です、初心者の方向けにガンプラを作る(初心者編)を紹介しています。
MISSION

MISSION 「AEUのエース ”パトリック・コーラサワーを撃退せよ”(初心者卒業編)」













AEUのエース”パトリック・コーラサワーを撃退せよ”
(初心者卒業編)



量子演算コンピューター「Neal」です。
ここでは今までの技術・成果を発揮し、初心者を脱する(卒業する)特殊ミッションプランです。

既に
科学者 ビリー・カタギリの称号を得ている(Lesson6)をクリアーした方の講座となります。
このミッションプランを行うことで、ガンプラ初心者レベルを超越するのが目的です。
しっかり気合を入れて行ってください。


さあ、今までの過酷な試練を乗り越えて、エースへの一歩を踏み出しましょう!


ここではLesson1〜6までの技術をフルに使っていきます。

それではミッション開始です。







AEU イナクト


さて、前回から引き続きこの機体(キット)を使用します。




HG「イナクト(デモカラー)」です。
価格も安いお店であれば700円前後で購入することができるAEUの次世代型可変MSです。
今回はこのキットで、戦闘に参加していきます。





(↑Amazon店であれば合計で1500円以上にすれば送料無料になります。”LESSON 3”)









パトリック・コーラサワー

「てめぇ!

わかってねぇだろう!?

俺は、

スペシャルで、

2000回で、

摸擬戦なんだよー!!!!」










↑AEUのエースパトリック・コーラサワーが搭乗する「イナクト」です。
それでは撃退条件を指定していきます、このイナクトに見事打ち勝って下さい。









綺麗な素組みであるために








↑戦闘開始!

量子演算コンピューターNeal 「イナクト急速に接近、回避して下さい。」

Lesson4でのトレーニングどおり、
全体的に”ひどくえぐれている部分”や”みっともない部分がなければクリアー”回避成功”です。
もし、綺麗に素組みが出来ていない場合はアウト”撃沈”です。
ゲート処理=モデラーズニッパー → モデラーズニッパー → デザインナイフ です。




     


↑タミヤの「モデラーズニッパー」と「モデラーズナイフ(デザインナイフ)」・「替え刃」・「カッティングマット」です。
これら(もしくはこれらに相当したツール)をちゃんと使用していますか?
戦場で生き残るには精神力や忍耐力ではありません、”強力な武器”(ツール)がまず必要だと理解しておきましょう。
これらを使用していれば、必ず生還できます。
特にニッパーとデザインナイフとカッティングマットは今後も絶対に欠かせないツールなので、購入しておくこと。









デカールは初心者にとっての壁





量子演算コンピューターNeal 「イナクトさらに接近、掴みかかってきます、回避して下さい。」

↑Lesson5のまとめです、デカールは最低30個以上貼ってみましょう、
30個以上貼れたらクリア”回避成功”です。
MGのVer.Ka(カトキバージョン)にもなるとデカールは約300個になります、その10分の1です(笑)
このキットも30個以上貼っています、割と少なく感じる程度です。まずは30個を目安にして下さい。
今回はとにかく貼ることを目的にしています、完璧に綺麗に貼れていなくても数(30個)で”クリアー”としましょう。






↑デカールを貼るには「マークセッター」を必ず使用して下さい。








量子演算コンピューターNeal 「イナクト執拗に接近、殴りかかってきました、回避して下さい。」

↑デカールを貼るときは、どこに貼るかを必ずイメージ(意識)して下さい。
画像のように手首部分に貼って”ワンポイント”にするだけでも効果は抜群です。
デカールは”センス”、センスを磨いて下さい。
デカールが違和感なく貼れていれば、クリア(回避成功)です。
まさかの”黄色ジオン軍マーク”が貼られていた場合はアウト(撃沈)です(笑)












量子演算コンピューターNeal 「イナクトたまらず空中戦に移行、ライフルによる攻撃に注意して下さい。」


↑ライフルにもデカールを貼っていますか?
一見忘れてしまう、または貼るつもりもないという方も多いですが、武器こそデカールは映えます。













量子演算コンピューターNeal 「イナクトの戦闘データを転送中、引き続き戦闘を続行して下さい。」

↑デカールを貼るポイントはなるべく同じデカールを”左右対称に貼る”こと。
違和感なく配置していくことを忘れずに。













スミイレで”ピンポイント攻撃”






量子演算コンピューターNeal 「イナクト距離を保ち間合いを探っています。攻撃のチャンスです。」

↑航空機的存在でもあるイナクトなどはスミイレが映えます。
特にウィング部分など、”スミイレをして下さい”と言っているかのようなモールドを見つけたら真っ先に狙っていこう。
適度にスミイレが施されていればクリアです。





     













デカール・スミイレ後はトップコートを






量子演算コンピューターNeal 「引き続き上空での戦闘です、イナクトを見失わないよう注意して下さい。」

↑今回はデカール・スミイレを施しているため、その表面を保護するためにも必ずトップコートをして下さい。
トップコートには、つや消し・半光沢・光沢の3種類があります。
水性のものでも、ラッカー系のものでもどちらを使用しても基本的には構いません。
水性のトップコートの方が若干マイルドなため、匂いもきつくなく、デカールなども侵したりしない特徴は覚えておきましょう。
トップコートが施されていればクリアです。




   

このイナクトは”半光沢”を使用しています。少しツヤがあり、少しつや消し、といった両方を兼ねたトップコートになります。





    

   

↑さらには”UVカット”機能を持つトップコートもあるため、これは保存用!飾りたい!と思ったキットにはUVカットもオススメです。



スプレー缶の使い方ですが、必ずキットから15〜20センチくらい離し、最初の噴き始めの部分は当てない。
開始 ”ぷしゅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!” 終了であるならば、
最初の”ぷしゅ”の部分は吹き溜まりなどが出るため、
必ずキット以外の部分で噴き出し始め、そのまま横にずらしていくようにキットに当てていく。
キットを正面・背面・サイドに向きを変えるなどして”ふわりふらりと薄く乗せていくように行う”と調整が可能。
吹きすぎると白っぽくなるため、やりすぎには注意。

また、極力部屋の中で行わないように。
必ず風のない日・湿気のない日を選び、屋外でスプレー塗装をする。
スプレー缶は強力な塗料なので、マスクをして換気に気をつけるように。

部屋の中で行うととんでもなく臭くなる。
粒子のせいで周囲の家具がツヤツヤになったり、つや消しになったりもする。
また外でやっても臭くなる、エアブラシやスプレー塗装は近所迷惑になることも覚えておこう。
タイミングや時間帯にも気を配ろう。











バランスこそ大事






ミッションとは関係はありませんが、キットを買ったのであればそれに合ったサイズのスタンド(台座)を必ず購入しましょう。
キットの保護にもなりますし、かっこいいポーズを取ることも可能です。
とくにこのイナクトのような接地することが困難な足の小さいMSなどは台座が必須です。
00シリーズはGN粒子に合わせた緑や赤などがあるのでお好みで選びましょう。
↑の青いクリアースタンドも、MSのバーニア噴射色に近いものですのでこちらを選んでしまうのも良いでしょう。
もともとは水中MS用でもあります。
最近では光る台座もあるので、連結したりするなどオススメです。





   
   


↑スタンドは必ず一つは購入しておいて下さい。













驚異の変形システム






量子演算コンピューターNeal 「イナクト変形、機動力が上がっています、変則的な攻撃に注意して下さい。」

イナクトは可変機です、そのため”MS時だけでなく変形時のデカールの配置”にも気をつけて下さい。
Lesson6どおり、バーニアなどの奥まった部分もしっかりガンダムマーカーで塗装しておきましょう。
ある程度の塗装(ガンダムマーカーペンなどで)が出来ていればクリアです。
剥げてもすぐにリタッチが出来るのが、ガンダムマーカーのメリット。






   


↑塗装に必要になる「万年塗料皿」や、掃除・希釈にも必須な「うすめ液」は必ず購入しておいて下さい。


















最後の突撃






量子演算コンピューターNeal 「イナクト急速降下、突撃です、迎撃して下さい。」

このように変形後も誰が見ても”綺麗にキットを作れている”と思わせることが出来ればクリア”迎撃完了”です。
変形させてもそのクオリティは変わりません、目立った弱点のような部分も見えませんね。
このように適切なツールを使って仕上げるだけで、ガンプラは綺麗に仕上がります。
余計な改造や作業など必要もないくらい。
また、このキットはLesson1〜6と同じ条件(初心者編)で作ってあります。













パトリック・コーラサワー


「大佐〜〜〜!」




量子演算コンピューターNeal 「AEUのエース、パトリック・コーラサワーを撃退しました。」

■綺麗な素組み(えぐれている部分なし)
■デカール最低30個以上貼る
■ガンダムマーカーによる塗装(部分塗装)
■スミ入れ
■トップコート




これらが施されていれば、初心者編卒業となります。






今回はここまでです。
このミッションをクリアーしたあなたは、もう初心者は終了です。

さらなるトレーニングを積むことで、大きく成長していくことでしょう。
しかし、まだまだ実戦経験の少ないあなたは未熟。
世の中には星の数ほど”エース”がいるのも事実。
またエースを越えた”ニュータイプ”や”純粋種”と呼ばれる者も・・・。

ここで培ってきたトレーニングは必ず今後の戦い(ガンプラ製作)であなたの役に立つことでしょう。
さらなる戦いに備えて下さい。




ご感想などありましたら「G-SOLDIER ADVANCE」のBBSやアンケートなどに書き込んでやって下さい。
量子演算コンピュータ 「Neal」が喜びます(笑)
このトレーニングはガンプラを作る最初の最初になってくれればと思っております。
当サイトのトレーニングがあなたのガンプラ製作のなんらかの”きっかけ”になっていただければ本望です。





<MISSION 「AEUのエース パトリック・コーラサワーを撃退せよ 初心者卒業編」クリアー!>

*おめでとうございます、この時点であなたは一般兵から注目を浴びる”格上の存在”となりました。
あなたに
”摸擬戦のエース”の称号を与えます!「量子演算コンピュータ Neal」














<戦利品>











摸擬戦のエースをクリアーしたあなたに戦利品の支給です、タミヤの「薄刃ニッパー」となります。
今まで使用してきたタミヤ「モデラーズニッパー」の上級ツールとなります。
値段もご覧のとおり、上級(笑)
最初にこのニッパーをオススメしなかったのは、モデラーズニッパーも購入して欲しかったため。
何度も言いますが、ニッパーは消耗品。
そのため、初心者がこの薄刃ニッパー一つでどうこうしようとするとすぐに刃をダメにしてしまう。
そこで今後は、

最初のランナーから切り取るのを「モデラーズニッパー」
その後のゲートカットに「薄刃ニッパー」
取りきれなかったゲート処理を「デザインナイフ」


といった形で使用するともっとも経済的です。

薄刃ニッパーはとにかく綺麗にゲートカットすることが可能。
小型で取り回しも良いため、多くのエースが使用しています。
既にある程度のツールを使ってきた”あなた”であれば、使いこなすことも可能でしょう。

今後の戦いがより有利になるかと思います。
手に入れておいて損はないツールです、余裕があったら購入しておきましょう。









さあ、上りつめよう!
”G-SOLDIER(ガンプラの戦士)”達!
うかうかしてはいられないぞ、多くの戦士たちがこのトレーニングを受けている。
さらなる”G-SOLDIER”達が生まれてくれば、あなたの地位も脅かされることだろう!
まさに戦いはこれからだ!









MISSION 「AEUのエース パトリック・コーラサワーを撃退せよ 初心者卒業編」
をクリアしたら、次の初級編「LESSON 7」へ進みましょう。



[TRAININGへ戻る] ページTOPへ